Friday, July 18, 2008

Mew で stunnel を使うときのイベントログ出力を抑制する

Mew version 6.1.50(cvs HEAD), NTEmacs 22.2.50(cvs EMACS_22_BASE), stunnel 4.25 (Cygwin) の環境で、Cygwin と stunnel によるイベントログ大放出を抑制してみる。

Index: mew-ssl.el
===================================================================
RCS file: /cvsmew/mew/mew-ssl.el,v
retrieving revision 1.54
diff -u -r1.54 mew-ssl.el
--- mew-ssl.el  5 May 2008 10:03:48 -0000       1.54
+++ mew-ssl.el  18 Jul 2008 05:41:44 -0000
@@ -101,6 +101,7 @@
       (insert (format "verify=%d\n" (mew-ssl-verify-level case)))
       (insert "foreground=yes\n")
       (insert "debug=debug\n")
+      (insert "syslog=no\n")
       (insert "CApath=" (expand-file-name (mew-ssl-cert-directory case)) "\n")
       (insert (format "[%d]\n" localport))
       (insert (format "accept=%s:%d\n" mew-ssl-localhost localport))

Cygwin の syslog は、syslog-ng がインストールされていなければ、Windows のイベントログへだだ流しになるようで。これまでイベントログ監視用のソフトウェアでフィルタしてたけど、生のログを見ながら作業するときには、あまりに量が多いのでうざくなってきた…。

Cygwin のサーバ類は使っていないし、これだけのために syslog-ng 入れるのもイヤなので、Mew 側で stunnel に syslog = no を渡すようにしてみた。Cygwin の syslog まわりで他にやり方がありそうな気もするけど。

Mew で stunnel が使われる様子をみるときには都度 z d か (setq mew-debug t) して *Mew debug* バッファをみる感じで。

追記@Tue Jul 22 18:55:10 2008
mew-ssl.el の revision 1.55 (Mew 6.1.50) で syslog=no を追加してもらえました。

No comments:

Post a Comment