2018-03-10

WSL のデフォルト Linux ディストリビューションを変更する

WSL (Windows Subsystem for Linux) で導入可能な Linux ディストリビューションに Debian GNU/Linux が追加されたので、導入済みの Ubuntu に加えて Debian も導入してみた。

複数の Linux ディストリビューションを導入しているときに、bash や wsl コマンドで実行されるデフォルトのディストリビューションを変更するには wslconfig.exe を使用する。

# Linux ディストリビューションのリストを表示
PS C:\Users\yu-ji> wslconfig /list
Windows Subsystem for Linux Distributions:
Ubuntu (Default)
Debian

# bash コマンドで実行されるのは Ubuntu
PS C:\Users\yu-ji> bash -c "cat /etc/os-release | grep VERSION="
VERSION="16.04.3 LTS (Xenial Xerus)"

# デフォルトを Debian へ変更
PS C:\Users\yu-ji> wslconfig /setdefault Debian
PS C:\Users\yu-ji> wslconfig /list
Windows Subsystem for Linux Distributions:
Debian (Default)
Ubuntu

# bash コマンドで実行されるのは Debian
PS C:\Users\yu-ji> bash -c "cat /etc/os-release | grep VERSION="
VERSION="9 (stretch)"

# bash, wsl はどこ?
PS C:\Users\yu-ji> Get-Command bash, wsl

CommandType     Name        Version    Source
-----------     ----        -------    ------
Application     bash.exe    10.0.16... C:\WINDOWS\system32\bash.exe
Application     wsl.exe     10.0.16... C:\WINDOWS\system32\wsl.exe

参考

0 件のコメント:

コメントを投稿